上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.17 お勧め書籍
静かなるホイッスル静かなるホイッスル
(2006/10/24)
柴谷 晋

商品詳細を見る

今日は、最近読んだ本を紹介します。
聞き馴染みがないかも分かりませんが『デフラグビー』と言う「聴覚障害者」の方達の、ラグビーがあります。
まさしく、「目から鱗」の心境で読みました。恥ずかしながら涙が止まりませんでした

実は、この本が読みたかったのは、文中にも登場する、2005年度の花園全国大会に出場した『東海大翔洋高校』(当時)のSH倉津圭太君を見たからである。東海大翔洋 倉津君
2005年度当時(対土佐塾戦)キックしようと、しているのが『倉津圭太君』です。
我が、大阪朝高ラグビー部と東海大翔洋高校は、3年前に全国大会1回戦で対戦し、我が校が勝った関係で、良く記憶している。(倉津君は、この時2年生で控えSHで出場は無かったが)翌年、連続出場を果たし(我が校は残念ながら予選敗退)晴れて『レギュラーSH』として活躍しました。私も、その試合は観てます。
我々『健聴者』は聞こえるのが当たり前で、聞こえない事の不自由さを、頭の中では理解出来ても実感は出来ない事である。

私事ですが、3年前の『くも膜下出血』の手術以降、軽い障害が残っている。
青信号から赤信号に変わりそうな時、以前なら走って渡れていたものが、走れない・・・
地下鉄の階段あたりで、ホームに電車が到着して、走れば間に合うのに、走れずに、次の電車を待つ時の『あ~、前なら走って間に合ってたのに・・・』と思う時の情けなさ・・・

私の様に、後天的な障害であっても、これだけ辛く、情けなく思うのに・・・増してや、私は50歳も過ぎている・・・

生まれつき(先天的)な「聴覚障害」の辛さを、この本で改めて実感しました。(いや、それでも分からないでしょうが・・・)

なにより、この本を読んで感じた事は、全て健常でラグビーを出来る事にたいする、ありがたさです!
『下手!』『足が遅い!』でも! 見えて、聞こえるのです。!!幸せと思ってラグビーを楽しみましょう
(我が千里馬メンバーに送る言葉です

この本には、「名言」が、たくさん出てきますが、印象に残った「名言」を1つ
 
  『ラグビーは、人生の多くの扉を開いてくれる』
     素晴しい言葉です

本当に、お勧めです!是非、お読み下さい。

中にも出てくる『西日本クワイエットタイフーン』なる「聴覚障害の方々のチームホームページ」をリンクさせて頂いています。宜しければ参照して下さい。

;これは広告記事では、ありません純粋にお勧め記事です。
だから、この記事には、ランキングも貼りません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rugbyoyaji.blog108.fc2.com/tb.php/58-dd8cd9ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。