上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへはじめにぷちっとマウス


               ラーカム


(以下、他所のブログからパクリです汗;しまいに怒られそうです。ラグビー魂さん、すみませんぺこり

本日、株式会社リコー本社事業所にてスティーブン・ラーカム選手の入団発表記者会見が行われ、

登場したラーカム選手はみなさんもご存じのとおり、すらりと長身、
映画スターのような“イケメン”選手。まずはリコーへ感謝のあいさつを述べ、

「オーストラリアでもリコーのラグビーへの貢献は聞いていた。
トップリーグ自動降格となったのは残念だが、
自分の力で復帰への手伝いができればと思う。
私が今まで10年間やってきた、BKとFWがうまく連動するスタイル、
ボールを動かしてどんどんトライをとるスタイルをうまく持ち込めればと思っている。
目標はトップリーグへの復帰。それができたらトップリーグ4強のような強いチームにしたい」
と、意気込みを語りました。

ワラビーズの主力選手とあって、各国からのオファーがあったはず。
日本でのプレーを決めたきっかけは、との質問には3つの理由を挙げました。

「まずラグビーが向上している国であること。いつか日本でプレーしたいと思っていて、
その向上の手伝いができればと思っている。

そして日本でプレーしている選手には、かつてのチームメートや
知り合いも多い。彼らとプレーしたかった。

ヨーロッパからのオファーもあったが、日本は実家に近いというのも大きな要素。
家族との時間はとても大切。
文化の違う日本で、家族でいろいろ経験し、いい関係を築いていきたい」

ちなみに、ダミアン・マクイナリ選手、トウタイ・ケフ選手と仲が良いそうで、
両選手の所属するクボタとはもっとも対戦したいとのこと。
残念ながら来期の対戦は見ることができませんが、
数年後にはきっと、夢の対決を見ることができるでしょう。

先のW杯、日本戦での活躍も記憶に新しいラーカム選手ですが
その試合での日本の印象は、そして来日への決断に影響はあったのかとの質問には

「我々も、日本がベストメンバーではないということは把握していた。
その中で、ベストではないにしろすごいと感じる面もあったし、
タレント性の高いチームだと思った。
しかし実は、すでに日本に来ることは決めていたので影響はなかった。
10年前にブランビーズ(スーパー14での所属チーム)で2度来日したが
そのときは正直、楽なゲームと感じた。
日本代表は10年間でプロ意識が強くなり、スタイルも変わっている」

と語っていました。
あの日本対オーストラリア戦のときにはすでに来日を決めていたとは!
それを聞いてからもう一度あの試合を見てみるのもいいかも。

来期は、トップリーグはもちろん、
リコーブラックラムズや同じく降格の三菱重工相模原ダイナボアーズら
注目チームの多トップイーストにも、今まで以上に注目ですね。
もちろん、熱戦の続くトップウエストからも目が離せなくなりそうですし、
ラグビーを追いかけて西へ東へ大忙しの一年になることでしょう。

                 ラーカム ユニフォーム


【写真】ブラックラムズのジャージに袖を通すラーカム選手。
「真っ黒なジャージはいかがですか?」との質問に
「すこし違和感があります(笑)。
でもスリムに見えていいですね!」

しかし、今までも数々のトップスター選手が日本に来たが、ここまでの大物は初めてでしょう?
来期「トップ・イースト」と言うのが、勿体無いが(その分下部リーグが沸くのは良い事だが)
お馴染みの「黒いヘッドキャップ」で魅せてもらいたい。

ブログランキングチェックもついでににっこり

にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へにほんブログ村 その他スポーツブログへ(どれでも好きな所へ)マウス(左クリック)



オフィス 家具

倖田來未転職なら新着広告主様です。プチッとマウス(左クリック)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rugbyoyaji.blog108.fc2.com/tb.php/114-54c9d1fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。