上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
              にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ<応援クリックをマウス


昨日、の韓国の国宝【崇礼門(南大門)】の焼失事件の放火犯が逮捕されたようです。

以下は、いつものように、報道記事のコピーですが・・・汗;

国の重要文化財の放火に対する、量刑について述べています。

南大門火災:放火犯の量刑は?

 崇礼門(南大門)火災の原因が放火だったことが分かり、放火犯に対する処罰がどのようなものになるのか関心が集まっている。放火の場合、犯人は最高で無期懲役となり、民事上の責任も負わなければならない。


 文化財保護法や刑法などによると、文化財を燃やした犯人は最高で無期懲役または3年以上の懲役となる。放火犯は国宝第1号を全焼させた上に、南大門復元に要する費用が数百億ウォン(100億ウォン=約11億3000万円)と予想されていることから、厳重な処罰が避けられない。しかし一部の判事たちは、「放火犯は厳重に処罰されるだろうが、けが人や死亡者は出なかったため、最高刑の無期懲役となる可能性は低いのではないか」と考えているようだ。ソウル中央地方裁判所のある判事は、「酒に酔っていたり、心身の状態が正常ではなかったりすれば、刑がさらに軽くなる可能性もある」と述べた。


 放火犯は民事上の責任も負わなければならない。しかし、個人が崇礼門の莫大(ばくだい)な金銭的価値を全額弁償するのは不可能に近い。ソウル中央地方裁判所の別の判事は、「裁判所がいくら賠償せよと判決を下したとしても、判決文自体に大した意味がなくなる可能性が高い」と語った。


孫振碩(ソン・ジンソク)記者

国に対して、補償問題で、むしゃくしゃしてやった。と言ってるらしいですが、以前にも前科(同じく国宝級の「昌慶宮文政殿」に対する放火)があったらしい。(執行猶予中)
「おっちゃん!(69歳やから、おじいちゃんか?)何すんねん?怒リ!!!」ですね?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分についての記事です。

本日は、3月に一度の、定期健診の日でした。(大阪日赤病院の脳神経外科)
いつもの様に、血圧測定後に簡単な問診、薬の処方箋を貰い、次の検診・検査の日を決めるだけなのだが・・・

今日、主治医の先生に、手術時の「CT画像」を見せて頂き、写真に撮らせてもらった。
20080212111420.jpg

右の画像の血管部分で「出血」があったらしいです。

まさしく「脳内メーカー」です。汗;

こう言うものを見ると、改めて、病気の恐さを思い出します。恐怖
皆様も、くれぐれも、お気を付け下さい。「おかしいな?」と思えば、直ぐに検査・診察を受けて下さい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへこちらがメインなのでお忘れ無くマウス(左クリック)
ブログランキングチェックこっちもついでににっこり


オフィス 家具

倖田來未転職なら新着広告主様です。プチッとマウス(左クリック)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rugbyoyaji.blog108.fc2.com/tb.php/110-ac36139d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。